読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれつらつら。

日々のたわごと。

2016年を振り返る1st.

たわごと

今週のお題「私のブログ・ネット大賞2016」

これからお題的にも振り返りシリーズが始まると思われますが、まずは精神的に振り返ってみることにします。
重いのが嫌な方はスルー推奨します。

異動してからというもの、当たり前にストレスフルな日々が続いてました。
自分が選んだ道だけど、本当に正しかったのかと毎日が葛藤でした。
(今もですけどね)
普段なら流せるレベルのちょっとした言葉すら、流せなくなったりしてます。
苛々したり、落ち込んだり、マジ忙しいわ!という感じです。

無駄にレベルアップして立場が変わったので、右往左往しています。
長年働いていても、システム的にわからないことはわからないのですよ。
( ゚∀゚)・∵. ガハッ!!←ヤケクソ
「わからないのは当然だから、これから覚えていけばいい」と優しく言われても、長年勤めている所なのに「何もわかってなかったなー」と痛感してます。

多分そのあたりとかが、自分が思っている以上に相当鬱々してたんだと思います。
急に前振りもなく、ふと「『死にたい』ってググったら自殺予防案内がでるんだっけ」と試したら、こちらのサイトが出てきました。
decinormal.com

迂闊にも目から大洪水が起こりました。
相当刺さりました。
布団の中で良かった(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

あれ?私死にたかったんだっけ?と考えたり。
いやいや、私は絶対自ら死にません。
それは昔々に決めたことなので。
死にたいと思うことはあっても、絶対死にません。
自死する人が弱いとか、そういう感情ではありません。
むしろ、自死するのもその人の考えだし仕方ないと思う方です。
訳あって、私自身が、ただ生に執着しているだけです。

そういうところで刺さったと言うより、

あなたは、こんな大変なときにも人からのお願いをつい聞いてしまうような、とても優しい人なのですね。あなたについて、いろんな人がいろんな好き勝手なことを言うかもしれませんが、私は、あなたを優しい人だと思います。

あなたはこの理不尽で苦しみに満ちた人生に耐え続けてきました。それだけで私はあなたに尊敬の念と拍手を贈りたいと思います。あなたは誇り高い、立派なサバイバーであり、人生の戦いを知る強靭な戦士です。

このあたりが刺さったのかと思います。


若干ポエマーになりましたが、これが私的ブログ大賞です。
正確には2015年に書かれたもの(今年更新しているようですが)ですが、まあいいかと。

感情的にはMAX鬱々期と大した変化はないですけど、結局やるしかないと腹くくりました。
(遅いわ!)
少しずつでも、私なりに出来ることからコツコツと。
ストレスは変わらないだろうし、毒々しいのも変わらないだろうけど。
幸いにも、友人など周りの環境にはすこぶる恵まれているし、時折自分にご褒美を授けたり(ここ大事)、いい意味で手抜きをしつつ。
2017年もそんな自分とお付き合いしていこうと思います。



最後までポエマーにお付き合いいただき、ありがとうございました。