読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれつらつら。

日々のたわごと。

ニセレブ体験。

お題「ちょっとした贅沢」

前回のゼミまとめでこんなこと書いてましたが。

いろいろと後悔しないように、最後はちょっと贅沢しようと思います。

マグロは元気でした。 - つれづれつらつら。

当時、ちょうど夏休み期間というのもあり、空港自体も物凄く混雑してまして。
基本せっかちなので、空港には1時間以上前に到着派なのですが、それでも荷物預けるにも長蛇の列。
挙げ句に搭乗時間的に優先されるという…。
(注:あくまで早めに到着していてもです)

保安検査場も並ぶのは諦めますが、中には「後5分で出発なんだけど!」とかおっしゃってるご家族もいたり…。
何か理由があったのかも知れませんが…何故5分前でそこにいる…しかも、全く慌ててないよね?的に悶々としたり。
機内でもちょっとした気に障ることが続いたのあり、この苛々を解決するには、やはりお金をかけるしかないと思いました。

そんなこんなで、今回は思い切って国内線の最上級を試してみることにしました。

結論から言うと…もういいですw
確かにサービスも最高だし、専用保安検査場もあるし、荷物受取も待たされないし、良いことずくめです。
ただひとつだけ、私が庶民過ぎただけです。
実はドレスコードがあるんじゃないかと、挙動不審になってました。

国内線に関しては、同じ贅沢でも、空港から自宅までタクシーの方が私には向いてるかなと思いました。
(こちらの方がむしろ安い)

折角なので、往復の機内食を載せて終わりにします。

行きの朝食。
f:id:mecarauroco:20151101160930j:plain

帰りの夕食。
f:id:mecarauroco:20151026200808j:plain

もちろん、美味しくいただきました。(゚∀゚)ウマウマ