読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれつらつら。

日々のたわごと。

バンコク旅日記。

旅日記

1日目。

☆1日目の予定☆
新千歳空港7:50発→中部国際空港9:45着
中部国際空港11:00発→バンコク15:45着
着後、ホテルに移動。

乗り継ぎに1時間15分しかないというヘビーな行程で旅は始まる。
数日前に同じ行程でプーケットに行った人によると、『間に合うけど免税店をひやかす時間はない』とのこと。
幸いにも天気にも恵まれ、新千歳より定刻で出発・到着。
荷物は直接バンコクへ行くので、手ぶらのままやや急ぎ気味で乗り継ぎへ。
最初は間違って国内線の搭乗口へ行ってしまい、更に遠い国際線まで汗だくで急ぐ。

結局は少し余裕ができるくらいに無事出国。(^^)v

免税店の冷やかしも早々に済ませ、名古屋といえば『世界の山ちゃん』ということで、手羽先とビールを購入して( ゜Д゜)ウマー。

バンコクには6時間くらいで到着。
機内食はうなぎかチキンライスでうなぎをチョイス。味はまあまあ。
ハワイでもないのに、着陸寸前に花配られる。正直いらなかった。

北海道と真逆の天候。アツ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・

ホテルは日本人観光客御用達の大きいホテル。
英語超リトルな私的には、こういうところはやっぱり安心。

夕食は近くのデパートのフードコートへ。
日本と違い、先に現金を食券(60バーツとか書いてる)に交換して、料理を選んでその料金分の食券を渡す方式。
戸惑いながらも辛めのチキンヌードル(スープ付)と、友人とトムヤムチャーハンを折半。
両方とも辛くて( ゜Д゜)ウマー。

フードコートには『北海道牛乳のタイチャイ』もあり、今思えばネタ的に飲むべきだったかもと反省。
(その時はここまで来て北海道…という気分だったので)

食後は日本で予約していたマッサージ店へ。迷いつつも時間前に到着。
些末なトラブル(着替えがどーのとか)はあったけど、タイ古式マッサージは気持ちよかった。
生ハーバルボール治療が有名だけど、正直もういいやと思った。
(↑ググって下さい)

マッサージ後はタクシー…と思ったけど、遠回りになるとのことで、頑張って歩いてホテルまで戻る。
途中勧誘多いが、しつこくないのでヨシとする。

ホテルに戻り、洗濯と洗髪で1日目は終了。(つ∀-)オヤスミー


☆本日の戦利品☆
・タイシルクで有名な『ジム・トンプソン』のシルクの象のぬいぐるみと家族へのお土産。(スカーフとペンケース)

2日目。

☆2日目の予定☆
バンコク市内観光&ショッピング
夕食後にタイ古典舞踊観賞

食事は朝も昼もタイヌードルをチョイス。
タイのヌードルは麺の太さや味付けや汁有り無しとか、バラエティに富んでいるので好き。
ビュッフェでは選択の余地はないけれど、それなりに種類がちょっと違うので満足。

市内観光の感想は『タイの仏像や建築物は金ピカが多い』。
建物内は土足厳禁が多い。しかし区切りが超ファジーなので、土足と素足のコラボ状態。

ショッピングは宝石店と免税店。
宝石店では『タイはルビーとサファイヤの特産地で、品質も良いよ♪』という案内ビデオ鑑賞後、『客1組に店員1人張り付き』という旅行会社斡旋店名物が始まる。
元々買うことを考えてたので、サクッと誕生石のルビーのピアスを購入。
確かに日本より全然安い。ちゃんと保証書と石の説明付で好印象。

…ただ、その後も張り付いていたのは勘弁して欲しかった。

免税店は『客が入店したら鍵を閉める店』ではなく、普通にガイドブックに載っている大きな店で安心。
実は、その前にガイドさんから土産斡旋で干しマンゴーを購入してたのだが、免税店の方が量も多くて安かった。

ガ━━(゜Д゜;)━━━ン!!!!!

この日は私たちの他に6人家族と一緒だったが、まるで高い買い物を取り戻すかのように干しマンゴーを購入していた。ヤケ買い?

もちろん私も買ったけど。

行程表には自由行動とあったはずが、無駄に休憩時間が多くて、結局夜までビッチリ。
暇つぶしを持ってこなかったことを後悔。

…やっと夕食。
レストラン入る前にまた待たされる。休憩多すぎ。
だがしかし、本場のトムヤムクンはどこも( ゜Д゜)ウマーと思う。

食後のタイ古典舞踊観賞は地獄。面白いのは案内ビデオだけ。
(いかにも外国人が日本人向けのを作った感じ)
仮病使ってでもホテルに戻りたかった。疲れた。

グッタリ状態でホテルへ戻り、荷物整理して(つ∀-)オヤスミー。


☆戦利品☆
・ルビーのピアス(もちろん値切った)
グリーンカレー、レッドカレー、トムヤムクンのセット
・干しマンゴー
・口紅(たまたま無くなりかけであって別に名物ではない)
・ホテルの土産売店で象の瀬戸の置物他(安くしてくれた)

3日目。

☆3日目の予定☆
世界遺産アユタヤ遺跡観光
夕食後空港へ移動

当日の深夜便で出発のため、ホテルは早々にチェックアウト。

アユタヤはバンコク市内より更にアツ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・
脱水警報発令。心なしか現地ガイドさんもやられ気味な気がした。
やっぱり世界遺産は違うね〜とニセ歴女を醸し出す。
凄いのはわかるけど、暑さには勝てない。

象に乗るのは最初は恐かったけど、面白かった〜。
『ゆったり乗って下さい』と説明書きにあったけど、なかなか難しいものだ。
操縦してたおじさんがオッパッピーとか言ってたけど…誰が教えたのか?

この日は私達だけで観光。元々私も友人も淡白なので、予定よりも早く終了したと思う。
ガイドさんに勧められ、再びタイ古式マッサージへ。
やはりストレッチって大事なんだなと実感。
(体を伸ばす感じなので)

夕食はタイ風しゃぶしゃぶ。
辛い汁につけて食べるところが日本と違うくらいか?
如何にも日本人向けの店だったので、そう思ったのかもしれない。
タイ米で雑炊もあり、お腹一杯で全部食べれなかったのが残念。
残っているのも気づかなかったんだけど…。

その後はナイトバザール(大バッタ品市と名付けたい)へ案内してもらう。
『ホンモノ、ホンモノ』…絶対偽物でしょ。チャンネルってなってないかい?
このキティーは著作権法違反じゃないの?

…とかとか、バッタ品を多く扱う店が大好きな私には、至福な時。
(その割には何も買わなかったけど)
時間があったらもっとじっくり見れたんだけど、迷っても困るし。

そして空港へ。

最終日。

☆4日目の予定☆
バンコク0:05発→中部国際航空7:30着
中部国際空港9:10発→新千歳空港10:50着
着後、解散

出国後免税店巡りも終わり、疲れたので搭乗口ベンチで待つ。
搭乗予定時間になってもアナウンスもない。
やっとアナウンスがあったが、英語しかないので結局『○分位遅れる』ということしかわからず。
(フィフティーンかフィフティか聞き取れなかった)

結局1時間遅れで搭乗。
この時点まではまだ楽観的で、1時間遅れなら帳尻合わせておおよそ定刻に到着するはずだと思ってた。
(経験上、海外は特にそういうパターンが多かった)

…名古屋には1時間遅れで到着。あれ?
荷物も取って搭乗手続きもしてだから絶対間に合わない。
まずはカウンターに行って何とかしてもらわないと…とシミュレーションをしていたら、降りたところで私達の名前を書いたボードを発見!

やっぱり間に合わないので、次便(10:30発)を用意したとのこと。

まあいいか…という感じで新千歳へ戻る。
札幌は雪がまだ降ってた。3月なのに。



ちょうど私達がバンコクに行く時に、大規模デモが予告されてて、観光出来なかったらお金返ってくるのかな〜とか暢気に思ってた。
(実際には何も弊害はなかった)
私達が出国した当日からデモが始まり、しかも割と大事になっているらしく、全くもってギリギリセーフだった。

(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

■タクシン元首相派、バンコクで大規模反政府集会
(読売新聞 - 03月14日 21:37)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1141552&media_id=20