読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれつらつら。

日々のたわごと。

脳ドック受診。

ややドキドキしながら病院へ。
勝手に動脈瘤だったら…とシミュレーション(妄想)しながら向かった。

受付すると、御丁寧に案内してくれた。
外来でまた一通り説明される。
体内金属(ペースメーカーとかボルト入ってるとか)最終確認。
検査内容は以下。

1.血圧測定

まるっきし正常。

2.採血

「血管出ますか?」「多分。」

3.心電図

「力抜いて下さい」と言われると、何故か緊張。

4.血管エコー

暗い部屋でややウトウト。
自分の血管をモニターで確認。見た目キレイだった。

5.MRIとMRA

耳栓断ってやや後悔。
単調だからウトウトするが、熟睡には至らず。
小児だと薬で鎮静して撮ってるけど、よく目が覚めないなと今更ながら思う。
着替える気満点だったけど、ブラジャーとズボンのファスナーは大丈夫とのことで、生着替えなし。
密かに感動。

6.診察

外来患者に紛れるので、1時間待ち。
医師は穏やかな人だった。人は見た目9割。
開口一番、受診理由を聞かれる。
「同じ年頃の人が、次々とクモ膜下出血になって…」
職業は聞かれないので言わなかった。



結果は、ほぼ正常。( ̄▽ ̄)

血管エコーで、右の頚動脈が1.1mmほど肥厚しているらしい。
水道管と同じような経年変化であり、年齢相応と。
採血も異常はなく、最近疲れやすくて貧血だと思ってたら、どうやら気のせいだったらしい。
(確かにヘモグロビンは下降してきていた)
心電図もキレイ。
MRIもMRAもキレイ。
ツルツルでもスカスカでもなかった。
医師には「もっと自信持って大丈夫ですよ」と太鼓判?押される。



そんなこんなで、まだまだいけるぞ、年女。(`・ω・´)シャキーン